2006年4月

未分類

「メディアリテラシー」って聞いた事がありますか。メディアを読み解く、批判的に見抜くといった意味の言葉でありますが、この教育が今大変重要だと思っています。

というのも、私はメディアのあり方のひどさに危機感を持っているからです。テレビは10時以降のニュースぐらいしか見ないのですが、たまにゴールデンタイムにテレビをつけるとくだらないバラエティーばかりでうんざりします。ニュースをつけてもスキャンダラスな事には飛びつくけれども本当に伝えなければならないことは報道していないように思います。

この間、市民会館で慶応大学教授・金子勝氏の講演を聞く機会がありました。大変興味深かったのは昨年の総選挙の分析でした。自民党のなだれ的な圧勝は以下の戦略で行われたと断言しました。

・ 重要な情報は隠す
・ 善悪の2分法で選択をさせる
・ あらゆる重要な論点をそらす
・ 分かりやすく簡単なフレーズを垂れ流す

これは選挙中だけではなくあらゆる場面で行われています。国会の小泉さんの答弁はまさしく今の4つに集約されると思います。

一度皆さんも当てはめてみてください。ウーン、納得と思われる事うけあいです。

この記事をシェアする

この記事を書いたヒト

藤本眞利子

お問い合わせCONTACT

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

  • TEL:073-472-6666(お電話受付時間 9時〜17時)
  • FAX:073-472-6877(定休日 土日祝日)

お問い合わせはこちら

  • Facebook
  • Instagram