<<政治スクールTOP <<次回前回>>

第2回 2009年5月9日
  • 講演=CAP大人ワークショップ 〜児童虐待からみえる今の子どもの現状〜
  • 講師=toddleわかやま 代表 家本 めぐみ さん

CAPとはChild Assault Prevention(子どもへの暴力防止プログラム)の略で、子どもたちがいじめ、痴漢、誘拐、虐待、性暴力等のさまざまな暴力から自分を守るための人権教育プログラムです。

いまから10年前、ともに活動してきた家本さんから、昨年の虐待件数は全国で40,000件、和歌山県ではその約1割に当たる400件であることや、貧困と虐待は比例関係にあることなどをお聞きし、参加の皆さんとの活発な意見交換がありました。