<<議会レポートTOP


「元気 和歌山」 復活宣言!

昨年の夏、有権者の皆さまの勇気ある選択で、政権交代が実現しました。
そして、国の政治は目に見える形で変わって来ました。たとえば、事業仕分けによって、これまでの税金の無駄使いが私たちの国民の目の前に示されましたが、自民党の政治ではありえなかったことです。
「コンクリートから人へ。」の政策の転換は、後世に大きく評価されるものだと確信しています。子どもの育ちを社会全体で応援するという理念の下、子どもへ手当てという形で、子育て世帯への支援が実現しました。教育への負担を軽くするという意味で、高校授業料の実質無償化も実現しました。
先進国の中で、最低の水準であった子育て支援や教育の投資が、ようやく日の目を見始めたのです。
私たちは、しかし、公共事業が不要だと言っている訳ではありません。これまでの利権政治の下で、大手ゼネコンが利益を得て、地元の業者が泣かされてきました。地元の業者がきちんと従業員にお給料を払えるような生活を守る公共事業をつくっていきます。これは政権与党だからできることです。

私は、県民の皆さんとともに「人ひかる和歌山再生」のため全力を尽くします。
未来を見つめ、ひたすら歩み続けます。

今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

▲上へ <<次の記事前の記事>>