<<思いつれづれTOP <<次へ戻る>>

2014年10月

甲賀流和歌山店の小野さんが「チャイルドラインわかやま」の活動に共感

18歳までを対象にした子ども無料電話相談「チャイルドラインわかやま」の活動を応援したいと、甲賀流和歌山店のオーナーでもあり、たこやき名人でもある小野さんがNPO法人子どもNPO和歌山県センターを訪問しました。

小野さんたちは、何人かで、少しずつ積み立てたお金を、子どもたちのための活動に寄付されてきました。これまでも養護施設への寄付をはじめ、東北大震災や紀南大水害の被害にあった子ども達のために、沖縄久米島にある福島の子どもたちの保養施設「球美の里」への寄付と、地道な取り組みをされています。

今回は、新聞紙上で子どもの救済活動充実のために寄付金を募っている「チャイルドラインわかやま」の活動を知り、支援しようということになったそうです。

子どもNPO和歌山県センターの岡本代表理事長からは「大変助かります。本当にありがとうございます。」と丁寧なお礼の言葉をいただき、ちょっと恥ずかしそうな小野さんの笑顔がとても素敵でした。

チャイルドライン http://www.childline.or.jp/supporter/