<<思いつれづれTOP <<次へ戻る>>

2007年12月
「議会人として」

昨年9月はじめて県議会壇上に登壇させていただいき、早いもので1年が経過しました。
議会中、大阪地検による知事室捜索に続く、前代未聞の官製談合事件が発覚、前木村知事の逮捕に至りました。前知事は当初「やましいところはないが、県政の混乱の責任を取って退任する」と発言され、引責辞任をされました。
その後逮捕されましが当初はまったくの無責任極まりない発言をされました。
また、国のトップであった安倍首相は参議院選挙の結果を受け「反省すべきは反省し」
「人心一新」という発言され8月27日改造内閣を発足されました。
その舌の根も乾かないうちに「今、身を引くことが最善と判断した」とお辞めになりました。
国、県のトップのお二人の言動とその引き際を見るにつけ、政治家としての言動と身の処し方に憤りを覚えるものです。
また、責任の取り方にその人なりの人格を見る思いがします。
私も一人の議会人として自分の発した言動の重みと責任をしっかり認識し活動を続けたいと強く思いました。

「森農園、で元気になる話」

私の地元・杭の瀬に「森農園」というミニ・コミュニティーレストランが誕生しました。
自家で栽培した野菜を中心にしたメニューで、自宅を開放しお客様をお迎えしています。
私も何度かお邪魔をし、おいしい野菜料理をいただきました。
「森農園」の太三子さんと息子さんの香支さんに始めるきっかけをお聞きしました。
レストランのシェフ太三子さんの使っている野菜やお米は息子さんの香支さんが栽培しています。香支さんは「顔の見える農業がしたい」と言います。
若い彼は、農業で生活設計ができるよう将来の農業のあり方を模索しています。
生産から販売・加工まで手がけ、近い将来には株式会社にしていきたいと抱負を語っています。 実はこのレストランは、太三子さんが息子の農業を応援したいとの思いから始めたものです。
香支さんのような若者が農業に真剣に向き合い、日本の農業を変えていく力になるのだなあと思うと、なんだか嬉しくなって力いっぱい応援したくなりました。
皆さんも是非「森農園」でおいしい昼食を!!味のほうは太鼓判です。