<<思いつれづれTOP <<次へ戻る>>


2004年10月 和歌浦再生はアートで

  10月3日にアートキューブにおいて「和歌浦再生はアートで」というテーマで環境アーティストのサイヒロコさんの提案、講演、信時氏との対談を聞きに言ってきました。
  サイさんは環境アーティストとして拠点をフランスにおかれ世界遺産でもあるサリーヌ・ロワイヤルの中心的プロジェクト指定アーティストとして建設デザイン・制作を含めオーガナイザーを務めておられます。

日本よりもヨーロッパで有名な方で世界各地で個展、講演をされています。
  サイさんは、和歌山は2度目ということだったのですが、和歌山出身の信時氏との長年の親交から企画されたものでした。

  二人の対談は私にとってはすごく新鮮で、サイさんの「和歌山がこんなにお宝のあるところとは思わなかった」「ここだけのものがあり、歴史がいい形で残っている」という言葉を聞いて私自身も嬉しくなりました。しかし、このままでは駄目で、点として残っているいい物に、ちょっと足りないところを付け加え、流れにしていく努力が求められるというお話は「なるほど納得!」といった所でした。和歌山再生の道はダイレクトにスピーディーに綿密にことを進められるシティーマネージャーのできる人材にかかっていると思いました。
  また、サイさんに限らず、262本の記録を残したイチローもそうでしたが、ずば抜けた才能のある方は、どうも日本では活躍しにくいのかなあとも思いました。