<<活動報告TOP
■11月11日〜18日 南加和歌山県人会創立100周年記念式典出席のため訪米
イメージ画像

県人会の皆さんの温かいおもてなしに感動するとともに、アメリカに渡った皆さんの和歌山県に対する熱い思いを感じることのできた視察となりました。

■2012年1月4日 脱原発世界会議参加
イメージ画像

横浜アリーナで開催された脱原発世界会議では、世界各国からお見えになったゲストを交え、活発な意見交換が行われました。世界の人々が、原子力から自然エネルギーへの転換を求めています。

■1月28日 読み書き交流会参加

毎年、白浜で県下の識字学級の皆さんの交流が行われています。識字運動は、差別や貧困などのため、学ぶ権利を奪われてきた人々の中から生まれてきました。文化会館などで続けられている識字学級からは、人間としての生き方を学ばせて頂いています。

■2月4日 アビリンピック京都大会視察
イメージ画像

様々な障がいを持っている皆さんの技能オリンピックである、アビリンピック京都大会が開催されました。パソコンを使った技能取得種目や接客、ビルのメンテナンス関連の種目などに多くの皆さんが参加されていました。真剣な姿に心打たれました。

■2月12日 「児童虐待と社会的養育について」の研修会参加
イメージ画像

年々増加している虐待問題に日夜取り組んでいる関係者の皆さんが、大勢参加されました。子どもたちが虐待によって命をなくすことのないよう、取り組みを進めなければなりません。被虐待児が、より家庭的な環境で養育されるような政策が求められています。

■2月16日 日高川町ジビエ工房視察
イメージ画像

近年は鳥獣の被害に頭を悩ませている市町村も多いのですが、日高川町はイノシシやシカの肉を特産品にしようということで、ジビエ工房を設立し、地域活性化につなげる施策を展開しています。イノシシやシカのお肉はおいしいよ!

■2月26日 アルテリーヴォ激励会参加
イメージ画像

「和歌山からJリーグを」という掛け声のもとに生まれたアルテリーヴォも、昨年は関西一部リーグに昇進しました。JFLを目指して頑張ってほしいという願いを込めた激励会が開催されました。ガンバレ!アルテリーヴォ

■3月3日 水平社創立90周年大会参加

全国水平社が生まれて90年が経過しました。運動として90年継続されたことは、すごいことですが、90年たっても差別がなくならない現実は変えていかなければなりません。

「人の世に熱あれ 人間に光あれ」水平社宣言

▲上へ <<次の活動前の活動>>