<<活動報告TOP
■1月18日 紀北支援学校訪問

冬野にある紀北支援学校におじゃましてきました。ここでは小学校から高校まで、約200名の児童生徒が学んでいます。程度の差はあれ、障がいのある子どもたちですが、先生方のきめ細やかな配慮の中でのびのびと授業を受けていました。中学校や高校では、作業学習が重視されており、木工・陶芸・農業などに取り組む生徒の様子も拝見することができました。学校の教育目標には「働く力や生涯をとおして、学んでいく力を高め、よりよい社会参加をめざす」とあります。障がいのあるなしに関わらず、それぞれが生かされる社会を築いていかなければと思います。

帰りには、とても素敵な小鉢セットと花瓶をいただきました。かわいい花が咲いています。
1月19日 和歌山県X軸視察

県が進めるX軸道路の視察を行いました。有田から龍神に通る県道の工事箇所を見ながら、もうすぐ開通する福井バイパスを見た後、高野の花坂から九度山にぬける梨子ノ木バイパスを視察しました。和歌山県は沿岸付近以外、ほとんど深い山ばかりの県ですので、トンネルの役割は重要です。安全に工事が終了できることを祈りました。

1月30日 よみかき交流会

毎年行われているよみかき交流会に参加しました。交流会では、各地域の識字学級の皆さんが7つの分科会に分かれ、熱心な討論が行われました。「何故、今、よみかきなのか」という所から出発し、「学ぶ」と言うことの根本を学べた交流会でした。

2月10日 総務委員会県内視察

医大のドクターヘリの運行状況とともに、町村合併後の田辺市、日高川町の行政視察を行いました。真砂田辺市長、玉置日高川町長、共にお忙しい中、最後まで委員会にご臨席いただきました。ありがとうございました。

2月11日〜13日 観光行政視察

「フードピア金沢2010」の調査と金沢市、石川県の観光行政の調査に行ってきました。金沢駅から金沢城公園、兼六園を中心に近江市場、長町武家屋敷跡などを結ぶ「まちバス」の運行状況や、21世紀美術館の様子も拝見し、お話を伺いました。金沢市は町全体が観光に特化されているものの、大阪圏や東京圏からのアクセスが良いとは言いがたい状況ですが、大勢の観光客を迎えています。また、台湾からの飛行機の直行便があることから、近年は観光客も増加していて、観光案内場には中国語のできる人も配置していました。

和歌山県としても市町村と一体となって、和歌山らしさを出す観光を進めるべきだと思いました。
2月23日〜3月18日 2月定例議会

3月22日 向陽高校応援

第82回選抜高校野球に36年ぶりの甲子園出場をすることに興奮し、同級生たちと一緒にバス50台に分乗して、応援に行きました。お天気もよく、最高の高校野球日和!アルプススタンドは超満員!お揃いの白の帽子とジャンパーで声を限りに応援しました。試合は、前評判抜群の開星高校に2対0で勝ち、最高に嬉しい一日となりました!!

3月28日 孫市まつり

南海和歌山市駅から本願寺鷺の森別院を中心に雑賀孫市祭りが開催されました。桜の花が満開の中、雑賀衆鉄砲隊に扮した行例やバンドの歌あり、着ぐるみサミットの歴キャラショーありと、楽しいイベント満載のお祭りとなりました。

▲上へ <<次の活動前の活動>>